黒島天主堂

1878年(明治11年)ペルー神父が小さな教会を建設しましたが、ミサに参列する信徒が多く手狭になったため、マルマン神父の指導と信徒達の勤労奉仕で、現在の美しく荘厳なる天主堂が建てられました。

1900年(明治33年)建設が始まり1902年に完成しました。建設費は当時の金額で15,363円、現在の貨幣価値に換算すると約3億円になります。

外観はロマネスク様式で一部が木造のレンガ造りで、40万個のレンガで造られています。内部は3層構造で1層目がアーケイド・2層目がトリフォリウム・3層目がクリアストーリーで1層目と3層目にステンドグラスがあります。

天井はリブ・ボォールド。こうもりが羽を広げた様子からこうもり天井とも呼ばれます。資金不足の中、天井板に美しさを施すために木目の一つ一つが全て手書きで描かれ、櫛目引きされています。扉の木目も良く見ると刷毛で描かれているのがよくわかります。

基礎石は黒島特産のみかげ石、柱は束ね柱になっています。祭壇の床には有田焼のタイルが敷き詰められており、これは黒島天主堂でしか見られません。

背面は半円のアーチでこれも黒島天主堂の特徴です。祭壇前には、マルマン神父が造った素晴らしい説教壇があります。